子供の低身長/成長曲線でお悩みのお母さんへ、HGH-21Programで悩み解消しませんか?

HGH(ヒト成長ホルモン)と身長の関係

HGH(Human Growth Hormone)は日本名で『人成長ホルモン』と呼ばれるように、人間の成長、その中でも特に身長を伸ばす効果(伸長効果)があり、医療現場では 先天的低身長症の治療薬として用いられています。

HGH(ヒト成長ホルモン)は脳下垂体で分泌された後、主に肝臓に働きかけ、軟骨細胞を増殖する作用がある IGF-I(ソマトメジンC)を分泌し、骨の成長を促進させます。さらに、成長ホルモン自体も直接軟骨細胞に働きかけ、IGF-Iの分泌を促進します。IGF-I(ソマトメジンC)は骨端軟骨に働きかけ、長幹骨(大腿骨など)が長くなり、結果的に身長が伸びるというメカニズムです。

第2次性徴終了前にHGH21Programを始める場合
第2次性徴終了前にHGH21Programを始める場合であれば、かなりの高い確率で効果を実感していただけます。ただ、-2.5SD以下で身長が推移している場合には、先天的な成長ホルモン分泌不全などの可能性がありますので、小児科医に相談して下さい。

第2次性徴終了後にHGH21Programを始める場合
もう背が伸びない年齢になってから成長ホルモンにチャレンジする人が大勢います。確かに成長ホルモンは第2次性徴終了前に利用するほうが確実に効果的です。しかし、成長ホルモンにはIGF-1(ソマトメジンC)を通じて、間接間の軟骨細胞を成長させる働きがあり、場合によっては第2次性徴終了後であっても身長が伸びるケースがあります。身長が伸びるケースの大半は残念ながら1~2センチ程度にすぎませんが、中には数cm以上伸びる人がいます。しかしながら、第2次性徴終了後、成長ホルモンを利用して背が伸びるか伸びないかを事前予想するのは困難です。

【HGH-21Program】成長ホルモン分泌促進サプリメント
当サイトは、情報提供サイトでその内容を保障するものではございません。ご利用の際は必ずご自身で内容をお確かめ頂けますようお願い致します。