子供の低身長/成長曲線でお悩みのお母さんへ、HGH-21Programで悩み解消しませんか?

HGHと筋肉の関係

筋力トレーニングとたんぱく質(プロテイン)と成長ホルモンの関係
加圧トレーニングの様な、激しい筋力トレーニングは筋肉そのものに物理的損傷を与え、同時に脳下垂体から成長ホルモンを分泌させます。分泌される成長ホルモン量は、トレーニング終了から15分後を目安にピークを迎えます。成長ホルモンはその後、様々な遺伝子に働きかけ、たんぱく質の合成を始めます。(このたんぱく質合成の際に必要となるのがアミノ酸で、筋力トレーニング直後にプロテインとして摂取しておくことが一般的です。)成長ホルモンはトレーニング終了から約2時間後には筋肉の再合成を始め、その合成スピードは約3時間後にピークを迎え、その後、筋肉の再合成完了と共に、たんぱく質の合成は終了します。

上記のように筋肉の合成と成長ホルモンには密接な関係があり、成長ホルモンの分泌低下は以下のような症状を引き起こします。

* 筋肉量の減少
* 基礎代謝量の減少による体脂肪率上昇
* 若い頃よりも筋肉痛が治るまでに時間を要するようになる
* 体力の低下
* 疲れやすくなる

オリンピックではドーピング対象にあたる成長ホルモン

4年に一回、世界一のアスリートを決めるスポーツの祭典、オリンピック。各国の選手たちは技術だけではなく、最高のパフォーマンスを出すことができるよう『最高の体』を準備して大会当日に臨みます。『最高の体』の定義は各種目によって異なるため一概には言えませんが、低い体脂肪率と豊富な筋肉量はほとんどの競技で必要になります。

この低い体脂肪率と豊富な筋肉量を得るために必要不可欠なホルモンこそが成長ホルモン・HGHなのです。上記、『筋力トレーニングとたんぱく質(プロテイン)と成長ホルモンの関係』ならびに『成長ホルモンとダイエットの関係』のとおり、筋肉を合成するためにも低い体脂肪率の体を維持するためにも、 体内から放出される十分な成長ホルモン量は欠かせません。言い換えると最高の体を手に入れる為の闘いは『如何にたくさんの成長ホルモンを出すかの闘い』と言い換えることができます。従ってフェアプレーを基本とするスポーツ競技の現場において、成長ホルモンの外部摂取(自分の体内から放出される成長ホルモン以外を注射によって摂取すること)はドーピングと扱われます。

※なお、当HGH-21Program は自分自身の成長ホルモンを分泌させるサプリメントのため、国際オリンピック委員会(IOC)、日本オリンピック委員会(JOC)ならびに世界アンチ・ドーピング機関(WADA)の定義するアンチ・ドーピング規定はじめ各種機関におけるアンチ・ドーピング規定に該当しませんのでご安心下さい。

【HGH-21Program】成長ホルモン分泌促進サプリメント
当サイトは、情報提供サイトでその内容を保障するものではございません。ご利用の際は必ずご自身で内容をお確かめ頂けますようお願い致します。